さまよう生者たち(1)


蒸し暑くて汗が乾いてくれず不快だった。

右手で額の汗を拭う。
前髪が額に貼りつきジャマをする。
肩まである髪は水分を吸って重くなっており、全体がベタついていた。

もうだいぶ歩いてきたはずだ。
荒い呼吸がそれを証明している。

わたしは少し休憩をとろうか迷った。
道端の草むらに腰をおろしてからだを休めたほうがいいかもしれない。

その考えを否定すように両足は前へと歩みを進め、立ち止まることを拒んでいた。
あせりを感じている心の内を見透かすかのように。

細い山道を黙々と歩きつづけ、疲労は相当たまっているはずだった。
少しでも休みをとった方がいいのだろう。
もうずっと同じような景色がつづいていた。
森の中を走るクネクネ折れ曲がった細い山道と、
両脇から道を覆うように茂ってる木々。

長い時間この道を歩いてきたが、誰ともすれ違うことはなかった。
人が入らないような深い森の奥の道だ。
人を見かけないのも無理はない。

こんな所で人と出会うはずがないのだ。
誰も住んでいないようなこんな所で。

「こんな所」

わたしは突然記憶の糸口を見失ったような感覚におそわれ、
言葉をもらした。
しゃべったのはずいぶん久しぶりのような気がする。

こんな所。

ここってどこだろう。
わたしは考えてみる。
両足はまだ目的地に向かってあくせく歩みを進めている。

少し陽が傾いてきてる。
さっきより日差しが弱まっていて、光が薄まっていた。

ここはどこなんだろう。

疑問をあたまで巡らせながら歩きつづける。
歩きながらあたりの景色に目をやった。

どこまでも続く深い森。
曲りくねった細い道。

ずっと見てきたおなじみの風景だった。
どこにも変化はおこっていない。

ここはどこだろう。
そもそも私はどこに向かっているのだろう。

自分の内側が空っぽであることを覗き見てしまったような
恐ろしい気持ちにおそわれ、身が絞めつけられた。

ここはどこだろう。
そもそも私はどこに向かっているのだろう。

わたしは足をとめて立ち止まった。
足音がやむと、あたりにはわたしの断続的な呼吸だけが響いていた。
額に貼りついている前髪ごと髪をかきあげ、頭皮を風にさらす。
風が体に心地よかった。

わたしはここで何をしているのだろう。
こんな人も入り込まないような森にナゼいるのだろう。

こたえは何も浮かばなかった。
さっきまでしっかりあったはずのものが何かの手品のように
陰も形も失い、大きな空間だけがそこにひろがっていた。

わたしはどこかに向かっていたはずだ。
しかしそれも思い出せない。
休憩すらとらず必死に前へと突き進んでいたのに。

いま歩いてきた道を眺めてみる。
誰もいない。
そこには森が見えるだけだ。
細く曲がりくねった道が森へとつづいている。

こうして後ろを振り返ったのは初めてだった。
この場所に来るまで後ろも振り返ることなく歩きつづけて来たのだ。

わたしはふたたび歩き出した。
しかしすぐに足を止めた。

どこへ行こうとしていたか思い出せずにいるのに、
歩きだしていったいどうするつもしだったのか。

突っ立ったままあたりを見回す。
他にやりようがない。
道端に腰をおろすこともできずに、道の真ん中で立ち尽くしていた。

ここはどこだろう。
どこへ向かっていたのだろう。
私っていったい誰なんだろう。


Comments are closed.