さまよう生者たち(3)


川はずっと浅いままだった。
中ほどまで進んでも、水はふともものあたりまでしか上がってこない。
流れも穏やかで、足をとられるようなこともなかった。

向こう岸にたどりつき水から上がるとき、
一度だけ後ろを振り返った。
木がおおい茂った森が見えるだけだった。
かつて自分がいた世界という感慨は得られなかった。

ただの森。
多分もう二度とも戻ることのない場所。
私の人生。

向こう岸にあがると腰を下ろして少し休んだ。
足が乾くのをそうやって待ち続ける。

こちら側も向こうと何も変わらない。
森がどこまでも続いているだけ。

足が乾くと服を戻して靴を履いた。
誰かの借り物だけどわたしにちょうど合っている。
同じような体型の人の物なのだろう。

少し休むとわたしはふたたび歩きだした、。

向こうからの続きのように道が1本森を走っているが、
それは少し行くとすぐに途切れた。
あとは道なき森を歩いていくしかない。

周りは木ばかりだ。
だがそれほど密生してるわけではないため、見通しはいい。
空も良く見えた。
まだ昼間で明るかったから。

何かの物音に気づいたのは、日が傾きあたりが少し薄暗くなり始めた頃だった。
わたしは足をとめ、音に注意を向ける。
何か大きな物が動いているような低い地鳴りのような音だった。

音はわたしの耳の中で鳴っているように大きく聞こえた。
まるで耳鳴り。

しかし音はたしかに外で鳴っている。
それは確信できた。
森で何かが動いている。

わたしは近くの高い木に身を隠すようにして体を寄せ、あたりをうかがう。
音が近づいて来ている。
どんどん空気が耳を圧迫してくる。

見通しはよいが、音の主はまだ見えない。
すぐ近くまで来ていてもおかしくないような地鳴りがしていたが、
まわりで動いているものはなかった。

木を見上げてみる。
電柱のような太さと高さの木だ。
いざとなったらこれを登って上に避難しなくては。
しかしわたしに出来るだろうか。
木登りなんてしたことないのに。

地面に目をやる。
武器になるような物が落ちてないかとあたりを見回す。

音が割れる。

わたしは驚いて顔を上げる。
何かがそばまで来ている。
わたしの方へとどんどん迫ってきている。

わたしは走り出した。
近くに茂みがあった。そこに身を隠した方がいいと判断したのだ。
外から丸見えの広い場所には立っていられなくなったと言った方が正確かもしれない。

茂みには背の低い木や草がたくさん生えていた。
急いでその中に潜り込む。
まるで迷路の中のようなその空間を、音から逃げるようにして突っ走る。
腰をかがめてなるべく体勢を低くして、突き進む。

音がどの方向から迫ってくるのかはわからない。
自分は逆に音の方へ自ら近づいていってるのかもしれない。

音が割れながら近づいてくる。
苦しみにうめいているような不気味な鳴き声のよう。
それがどんどん大きくなりながら、わたしに迫ってくる。

私は茂みに足をとられ転んだ。
痛みにおもわず声をもらしてしまう。

音の主が笑ったような声を出す。
わたしの居所を発見したかのように、方向を変え、
猛烈なスピードで近づいてくる。

わたしは立ち上がることもできず、目閉じてその場でうずくまる。
体が痙攣したしたように激しく震えている。
心の中で助けを求める。

助けて。

助けて。

音がわたしを見下ろしていた。
怯え、震えている小さなわたしを。


Comments are closed.